iPhone15Pro iPhone15 アップルウォッチ9 スペック サイズ 新機能 海外リーク 

 

このサイトではプロモーションを含んでいます。

この記事では、今までに入ってきている 2023年秋のアップル iPhone 15iPhone 15 Pro の新機能やスペック、サイズ、重さなど 、新機種の情報と思われる機種に関する海外リーク情報をまとめています

2023年秋のアップル iPhone新機種の変更点

目次

2023年秋のアップル新製品のiPhone15シリーズですが、 ライトニングではなく USB - C 端子になると見られています。 すでにマックのコンピューターの方が USB C になっていますので、むしろ 遅すぎたのではないかというぐらいです。他にも モデムチップの速度が早くなったり、 カメラがさらに進化したりといった情報も入ってきています。

Apple Watch でウルトラ(Ultra)が登場しましたので「 iPhone に も ウルトラが登場するのではないか」と期待されていましたが、 今のところ 名称には変更はないようです

iPhone15、iPhone15Plusの新機能やサイズ、変更点

iPhone 15 と iPhone 15 plus が発売されます。 IPhone 15は6.1インチ、 iPhone 15 Plus が6.7インチ、 ここは同じですね。 2 レンズのカメラです。

iPhone15/15plusはノッチが無くなりダイナミックアイランド搭載

 iPhone15/15plusは6.1インチと6.7インチのディスプレイ。ノッチ部分がなくなり、 iPhone14 Pro で2022年から搭載されたダイナミック アイランド が採用されるようです。

iPhone15/15plusのサイズや重さはiPhone14とほぼ同じ

IPhone 15のサイズ重さですが、iPhone 14シリーズとほぼ同じとなるようです。基本的に iPhone 14に似ている外観になると見られています。素材も同じ材料のアルミニウムになると予想されています。

USB ポートがライトニングではなく USB-C端子になる

大きな違いは やはり USB ポートがライトニングではなく USB-C 端子になると見られています。 昨年まであったノッチですが iPhone 15と15プラスではなくなって、 ダイナミック アイランドを搭載すると見られています。 昨年の iPhone 14 Pro と Pro Max から搭載された新機能です。

外観 裏面の仕上げが変わる 新色の青やコーラルも登場

外観では裏面がずっと鏡面仕上げの画面でしたが、ざらっとした表面の仕上げになるようです。 そして、 新色 も登場すると言われています。

  • コーラル
  • 緑っぽい黄色

の5色。 同じ色の USB C ケーブルと一緒に発売されそうです。

カメラはあまり変化なし

カメラは48メガピクセルのカメラ。  F 値は1.6でさらに暗い場所での撮影が改良されているようです。 セルフィー カメラの方は 12メガピクセルのウルトラワイド カメラ、変更はないようです。

チップもA16のまま

IPhone 15の方は A16 チップのままになりそうです。

IPhone 15 Pro と iPhone 15 Pro Maxの新機能やサイズ、変更点

IPhone 15 Pro と iPhone 15 Pro Max はどうでしょうか。 こちらも 6.1インチの iPhone 15 Pro 6.7インチの iPhone 15 Pro Max となりそうです。

厚みは増えるがチタニウム素材になって20g軽量化

一方  iPhone 15 Pro のサイズと重量は厚さが少し増えて幅も 1mm 大きくなるようです。しかし、約20g軽くなるようです。 ステンレススチールを使ってきたiPhoneProですが、チタニウムに変わるのではないかと言われています。ベゼル幅も さらに細くなるようですが本体の厚みは増すようです。

IPhone 15 Pro Max はどうでしょうか。厚さはやはり厚くなって幅も 1ミリ ほど増えて、重さは20g 減ると見られています。 同じように 素材が変わることで 軽量化 されると見られています。

チタニウム素材を生かす新色が登場

素材が変わるのに合わせて新色も登場しそうです。チタニウム素材がきらめく色になりそうです。

  • シルバー
  • チタニウムグレー
  • ダークブルー

の4色となりそうです。 ステンレススチールよりもマットな仕上がりになりそうです。

iOS17でアクションボタンを自由にカスタマイズできるように

 iOS17 が登場しそうです。1つのボタンがアクションボタンとして、 ミュートスイッチ やサイレントモード、 カメラのオンオフ、 フラッシュのオンオフ、 翻訳ソフトを立ち上げる、 ボイスメモを立ち上げる など設定ができるようになりそうです。 「それぞれの使いやすいように カスタマイズしてね」というのは割と Apple が好きそうな考え方ですね。

USB-C端子で高速通信+高速充電

今回のポイントは USB C端子の搭載です。見た目は普通のUSB-Cですが、通信速度はサンダーボルトよりも速くなるとみられています。ストレージも2TBなら、通信速度は軽視できませんよね。35 wでの高速充電にも対応するようです。

暗い場所での撮影が改善 MAXでは潜望鏡機能を搭載

また、プロモデルの暗い場所での撮影に関しては、広角レンズも望遠レンズもどちらも改善するようです。iPhone15ProMAXでは潜望鏡機能を搭載するようです。

A17チップ ストレージ2TB メモリ8GB RAM 

新しいA17チップを搭載します。スペック的にもWiFiの通信も6Eの規格になり高速化しそうです。ストレージは2TB、プロモデルは8GBのRAMになりそうです。iPhone14では6GBでした。かなりのパワーアップですね。クアルコムの5 G のモデムチップによって通信の強化、遅延の遅れ、省エネ節電の改善などが期待されています。

販売価格も値上がりしそう

このように目が回るような強化がされますが、気になる販売価格も値上がりしそうです。アメリカで発売価格は 100ドルほど高くなる見込みです。日本の場合はさらに円安ドルだけの影響がどれくらい出るかですね。

アップルウォッチシリーズ9

アップルウォッチは9番目のシリーズが発売されます。S9チップを搭載します。バッテリー寿命も改善されるようです。新しい外観はピンクのような色です。ちょっと厚めのバンドと磁石式のバックルが付いているようです。環境を配慮して皮のバンドは無くなりそうですね。

上位モデルのウルトラ(Ultra)ではこちらもチタニウム素材になるかもしれません

airpods 2

 airpods2 新しいイヤホンは充電ケースが変わるそうです。ここもUSB-C端子になりますね。

その他 新しい M3 プロセッサーの MacBook Air も?

第11世代の iPad 発売されるかもしれません。 新しい M3 プロセッサーの MacBook Air や MacBook Pro Mac mini などが発売されるかもしれません。しかし、2023年9月の新製品発表会で発表されるかはわからないようです。